ぷるるぷるるに副作用は本当にないの?

ぷるるぷるるは副作用のある「プエラリア」を使用しない、安全なバストアップサプリだとされています。

ぷるるぷるるには、プエラリアの代わりに「ジオフラボン」という、バストアップ効果があって副作用のない成分が使われています。

ですが、本当に「ジオフラボン」には副作用がないんでしょうか?
調べてみると、驚くべき事実が明らかになったのです。

ジオフラボンにも副作用はあった

実は、ぷるるぷるるに含まれるバストアップ成分「ジオフラボン」にも、生理が重くなったり、肌荒れが酷くなったりする副作用があります。

そもそも、バストアップサプリでなぜ胸が大きくなるのかというと、女性ホルモンの分泌が活発になるからです(厳密には、体がバストアップ成分を女性ホルモンと間違えて胸が大きくなる)

プエラリアもジオフラボンも成分は違いますが、結局体への作用は同じです。女性ホルモン(エストロゲン)が過剰分泌されると胸が大きくなったり、肌にツヤがでたりといったプラスの影響だけでなく、生理や頭痛など、悪い影響もあります。

つまり、効果があるバストアップサプリを飲んでいる限り、副作用からは逃れられないのです。

プエラリアよりも副作用は起こしにくい

しかし、ぷるるぷるるに含まれるバストアップ成分「ジオフラボン」は、プエラリアよりも副作用を起こしにくい、体に優しいものとなっています。
ジオフラボンとは

・ボロン
・イソフラボン
・ジオスゲニン

というバストアップ成分の総称です。たとえば、イソフラボンは大豆に含まれる成分ですし、ボロンはキャベツに多く含まれています。

つまり、ジオフラボンは私たちがいつも食べている身近な食べ物の中に含まれている、とてもなじみがある成分なのです。

一方でプエラリアは、タイの北部でしか取れない薬草で、バストアップ効果は非常に高いですが、その分副作用が起こりやすく、まさに諸刃の剣だといえます。

ちゃんと飲み分けていれば大丈夫

ぷるるぷるるに含まれるバストアップ成分(ボロンやイソフラボン)にも、プエラリアと同じような副作用を起こす恐れがあります。

しかし、一度にたくさんの量を飲んだり、生理中などの女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が活発な時に飲まなければ、副作用を起こすことは少ないです。

ですから、ちゃんと一日あたりの決められた量を守っていれば、そうそう不快な症状が現れることはありません。

また、ぷるるぷるるには「ポジティブ」「センシティブ」という2種類のサプリを飲み分ける必要があります。

ポジティブは生理が終わってから、センシティブは排卵日から生理中に飲むことが推奨されています。ポジティブには先ほど説明したイソフラボンなどがたくさん含まれているので、生理中には飲まない方がいいということですね。

ぷるるぷるるは、このポジティブ、センシティブを飲み分けてさえいれば、副作用のことはあまり心配しなくても良いでしょう。

実際、ジオフラボンよりもずっと副作用を起こす恐れがあるプエラリアでさえ、生理中などに飲まなければ頭痛などの副作用が起きる可能性はかなり低いです。

ですから、ちゃんと決められた量を飲んでいれば、そこまで神経質になる必要はないのです。

トップページ:ぷるるぷるるの効果をAカップの私が徹底検証!

コメント